2014年1月13日月曜日

それぞれの成人式

昨日は、成人式でした。僕の周りでも、それぞれの成人式があり、それぞれの思いとともに恙無く終わったのだろうと思います。

はてさて、自分の成人式は、かれこれ26年前になりますが、僕自身は祝賀式に出たわけでなく、スーツと時計を新調し成人式を終えました。その時のことを思い出すと、何か自分の中で“区切り”を付けるだけでよかったように考えたのだと思います。(殆どの友人は、式典に参加していましたが・・・)

さて、今日の若者どもの成人式もそれぞれのようです。その中で、一つ印象に残った成人式を備忘録として記録したいと思います。

僕の水泳をしている息子の先輩たちで、山梨学院大学に進んだ先輩が4名で裸足のままスーツとネクタイで、日頃練習を積んでいるプールで記念撮影をしていました。どのような気持ちで成人式を迎えたのだろうと思います。

(同じ年の子で、袴姿(しかも紅白や煌びやかな)で記念写真を撮った子などもいる中で)

日頃、自分の限界(或いは限界の向こう側)へ自分自身を追い込み、昨日の自分を越えようと努力するその子達の20年後が楽しみです。この日の成人式が本当に懐かしく原点になるといいなと思いますし、そのための“区切り”になれば幸いですね。