2014年1月25日土曜日

美しい…それは共通語だった

「美しい」と聞いて、どのようなもの(こと)を想像しますか?

絵画や写真など美術関係以外で、僕が最初に「美しい」という表現を聞いたのは、高校の数学の先生から発せられたものでした。その先生曰く、美しい解答と美しくない解答があるとのことでした。「この式は美しかろうが」とうっとりしているようでした。(笑)その時には、そういうものなのだなと、それだけが印象に残るだけのものでした。

先日の出張中にも、TVにも出演されているある著名な料理人の方が「美しなくては、美しなくては・・・」と盛んにお弟子さんに仰ってました。美しい味と書いて美味しい(おいしい)ですから、非常に説得力がありました。

仕事を始めて、「美しい」というのは「成功」や「儲かる」ことに近しいもののように感じます。無駄がなくシンプルということでもあるので、そうなり易いのかもしれません。仕事をしていて迷った時には、「美しいか?」という視点で見るのも良いのかもしれません。

新たな視点として忘れないように、備忘録として記していたいと思います。