2014年1月6日月曜日

前へ前へ!先へ先へ!

本日(と言っても正確には昨日ですが)、東京で地域の応援団として活動されている大先輩からメールが届いておりました。
 
因みににその大先輩は、某大手の教育関係企業で誰でもが知るような事業を一から取り組み大きく育てられた実績をお持ちの情熱に溢れた方です。(その他にも出版関係でも同様の事業実績をお持ちです。)
 
メールの内容は、母校の青山学院大学が正月の箱根駅伝で総合5位に入賞した事の報告でした。(2日間とも現地にて応援されたそうです。本当に素晴らしい成績で、こちらも嬉しくなりました。)
 
また、「箱根駅伝」も第1回の参加校は4校(東京高等師範大学:現筑波大学、明治大学、早稲田大学、慶応義塾大学)で、90年の年月を一年一年積み重ねて今日に至っていることなども教えていただきました。
 
このような駅伝の成り立ち(発展)と事業をオーバーラップさせて「普及・認知・定着・増殖」のステップを幾度も幾度も失敗しながらもチャレンジしたことと似ているように思うとの所感も頂きました。
 
駅伝からもたくさんの学びや気づきがあること。(六次化についても同様のことなのです。)
 
 
「挑戦」があるから「失敗」がある、「失敗」があるから「成功」するまで諦めない、「成功」の喜びがあるから新たな「挑戦」に向かっていく。
 
 
「前へ前へ!先へ先へ!」
 
僕の周りに、このように情熱があり強い意志がある先達が幾人もいらっしゃることに感謝するとともに、このような方々に続けるように、本日の備忘録として書き残したいと思います。

ありがとうございます!