2014年4月6日日曜日

農業を取り巻く環境

今日は、花冷えなのか、福岡もかなり肌寒い一日となりました。昨日のニュースでは、関東では『ひょう』が降ったとのこと、農産物被害がでたことでしょうが、自然には逆らえないと実感しますし、年々歳々、自然環境もおかしくなってきていますね。

また、農業にとっても、TPPや後継者不足など、厳しい状況が更に厳しくなることも必至です。

これまで農業は、ある意味『鎖国』されていた環境でしたが、国家戦略特区での農業委員会の特権、利権からの脱却につながる取り組みをはじめ、中から外から変わろうとしています。

そのために今何をすべきか?

そのための答えを探すべく、農業とは無縁と思えるセミナーにも参加してきました。

具体的には今は言えませんが、さにあらん、結果は既に予測した動きが出てきているということです。

農業を取り巻く環境は、思っているよりもダイナミックに変わるかもしれませんね。その時が、本当の試練の時になると思います。そのためにも、準備怠る無かれですね。

"inouetadao"