2014年2月23日日曜日

執念

事業を起こし進める中で何が大事か?こんな事を考える毎日ですが、何か一つと言われれば、『執念』と応えると思ってます。

経営の神様と呼ばれた松下幸之助も執念の塊のような人だったと思います。

"二階に上がりたい、なんとしても上がりたい、二階に上がることが唯一の目的だと思う人はハシゴを考える"

という言葉があります。事業は、困難をどう乗り越えるかのゲームの様にも感じます。諦めればゲームオーバーです。

古臭い、泥臭いですが、『執念』とは、今必要な事と思います。

"inouetadao"